プロフィール

michi*kaoring

Author:michi*kaoring

前世は絶対姉妹だった!(`・ω・´)
と、信じて止まない私達ふたりの共通の夢
『カフェを開く!』 という計画に向けての
準備記録や日々の想いなどを、ふたりで気の向くままに書いています☆



カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジパウンドケーキ


  orange cake 01    orange cake 03


久々にパウンドケーキを作りました。
夏らしく爽やかにオレンジ入り。

オレンジを鍋に入れてお砂糖で煮詰めるときに、
ボ~っとしていて、間違えて塩を入れて煮詰めていました。。。

生地にのせて焼いてしまう前に気づいたのでよかったけど、
もしも気づかずにそのまま焼いて食べていたら・・・

新しい世界の扉が開いたかもしれません (´∀`;)

kaoring

スポンサーサイト

うつわカフェ 『 Cafe ゆう 』

都会の真ん中から一本筋を曲ると、先ほど通った道とは打って変わって静かになり、
そこに見えたのが 『 Cafe ゆう 』 

   IMG_0063m.jpg

2階は陶芸教室で、1階がギャラリー兼カフェになっています

   IMG_0053m.jpg      IMG_0056m.jpg

そして中はセルフサービス。飲み物の「うつわ」はここの工房で作られた数種類の中から
好きなものを選べます。(だから『うつわカフェ』かぁ

   IMG_0051m.jpg  ←私は写真の左下を選びました

セルフということで呼び出しブザーを渡され、それが鳴って取りに行くと…
なぜかニヤけてしまいました(笑)。
だって自分の選んだうつわ(コップ)がパンと合っててとても良い感じだったから

IMG_0057m.jpg

見た目で楽しみ、味で満足できました

michi

Raccolta


最近OPENしたイタリアンのお店。
前に一度予約もせずにランチに行ったら、満席で断られてしまいました。。。
そこで今回はちゃんと数日前から予約をしてリベンジ。

12時ちょうどにお店に入ると、すでにほぼ満席。
ランチセットをオーダーして運ばれてきた前菜を見て、
人気の理由が分かった気がしました。

Raccolta01.jpg

豪華~(゚Д゚!

そしてメイン↓

Raccolta02.jpg

これに、2切れのフォカッチャと食後のコーヒーがついていて、
お値段は普通のイタリアンのランチセットと同じぐらいです。

お店をリサーチしていてmichi とよく話すのが、
「前菜」って結構大事だね、ということです。
もちろん、メインもその他のメニューも最後のデザートも大事ですが、
セットで頼むときにだいたい出てくる前菜は最初の印象を決めるものなので、
そこでちょっと期待はずれだったりすると、結構テンション下がります(-ω-;)
実際、前菜に力を入れているところほど、その後のメインなども大抵美味しい気がします。

お手頃なお値段で、これだけのクオリティー。
とても満足したランチのひとときでした。

kaoring

メロンパン

以前友達がメロンパンを作って来てくれたことがあり、それがとても美味しくて
何度かお願いして(無理言って?)作ってもらってました

そして今回はどうしても作り方を知りたくて、ホームベーカリーを兄嫁さんから借りて
教えてもらうことに。

一見簡単そうに見えましたが、所々職人技的なところもあり、パン生地とクッキー生地を
合わせる時は見た目上手くできたと思っていたのに、焼きあがりを見てみると下半分
パン生地が見えるワカメちゃん状態や、クッキー生地が半分だけ流れてキャップ(帽子)
みたいになったりと私には上級者コースでした

それでも味、食感はやっぱり最高この味を1人でも作れるようになりたいな~

IMG_0066m.jpg IMG_0068m.jpg

N先生、ご指導ありがとう


michi

タイムスリップ


「縄文スタイルカフェ」
という文字に惹かれ、茨木市の街中を通って山道をくねくね車で登り、
周りを竹林に囲まれた 『まだま村』 までやってきました。


  madama01.jpg    madama03.jpg


立派な縄文竪穴住居がひっそりと佇んでいて、
少し地下になっている中はとても広く、クーラーなしでもひんやり。

囲炉裏の前で縄文ランチをいただいたのですが、
一皿に15種類ぐらいの新鮮な野菜のおかずが盛られていました。
そのどれもがひと手間かかっていそうで、全部美味しくいただきました。

外では鳥がさえずり、川がせせらぎ・・・、これでもか!というほどの癒しの空間です。
縄文スタイル、大満喫でした (´∀`)


kaoring

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。